会津本郷せと市に行ってきました!




みなさまこんにちは!
今日は思いっきり家の階段から滑り落ちて
腰を強打した実習助手田中です。

時間が経つにつれて痛みが…。
みなさんも階段にはお気をつけて…。



さて、先日お知らせした「会津本郷せと市」ですが
わたくし行って参りましたので今日はその様子をお届けします。

当日、開催時間は朝4時から正午まで。
どうせ行くなら朝4時前に行こう!と意気込んでいたものの…
起きたらなんと…ぴったり4時でした。


思いっきり寝坊しながらも、外はまだ薄暗く
早朝からのせと市に懐中電灯が必要なことにも納得。


会場に到着したのは朝日の照り始める朝6時。
本郷の町はいい感じの古さが残るこじんまりとした町。
いい雰囲気に、歩いているだけでドキドキしてしまいます。

f0238767_1347511.jpg



そしてすでに大量の瀬戸物が入っているであろう袋を
両手にぶら下げて会場を後にする方がたくさん…!

というのも、多くの方は4時前から会場へ行き、
自分のお気に入りのせとものを選んだあと、
4時のせと市開始花火と同時に金銭取引を開始するのだそう。

(来年は寝坊しないようにしようと心に誓ったのでした…)


f0238767_13482655.jpg


そもそもどうして
こんな早朝から市を開催することになったのかというと、

せと市は明治時代後期に窯元の弟子たちが小遣い稼ぎとして、
夜明け前にハネモノの販売を始めたことが始まりといわれています。
明けてから始まる正式なせと市の前に、親方たちの目を盗んで暗いうちから
販売を行っていた名残で、現在も早朝からせと市が開催されているそうです。

ちなみに会津本郷焼の歴史は400年もの伝統があり、
蒲生氏郷公が鶴ヶ城の屋根瓦に使ったことでも有名です。



私個人としては、7時を過ぎると会場は暑くなってしまうので
そう考えると涼しいうちの早朝開催はありがたいなあと感じます。



会場には沢山の窯元さん、陶芸家の方、
そして本郷中学校の学生の作品やセラミック科の学生さんの作品もありました。



f0238767_13512042.jpg



今回は宗像窯さんの蕎麦猪口や東京都から出店されていた
Studio bwanjiさんのカップに出会い、
一通り見て回ったあとにはビュッフェレストランIWATATEで
食事を済ませ9時(朝です!)には会場をあとにしました。


益子の陶器市にも行ったことがあるのですが、
本郷のせと市は歩いて見て回るのにちょうどいいサイズ感。
開催時間も早朝からなので眠気に勝てれば!ゆっくりと
楽しむことができるいい市だなあと感じました。




来年、機会があればぜひ皆様も足を運んでみてくださいませ!
[PR]
by mitegansyo | 2014-08-06 14:11 | イベント・お祭り! | Comments(0)


会津/喜多方市塩川町に位置する、県立の観光系短期大学校です。学生が中心となって、日々の出来事や地域情報をお伝えします!


by mitegansyo

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
イベント・お祭り!
校内行事!
食べる!
体験する!
企画する!
案内する!
学ぶ!
イベント!案内!
出会う!

本ブログは、学生が中心となり正確な情報発信に努めておりますが、その内容について責任は負いかねます。ご利用の際は再度確認をお願いいたします。

画像・文章の著作権はブログ記事作成者にあります。著作権法上認められた場合を除き、無断で引用・転用はできません。

<お問い合わせ>
福島県立テクノアカデミー会津
職業能力開発短期大学校
観光プロデュース学科
〒969-3527
福島県喜多方市塩川町
御殿場4丁目16番地
TEL 0241-27-3221
学科紹介公式サイトへ

■exciteウェブ翻訳■(希望の言語をクリック!)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
学生

画像一覧